薄毛になりやすい人とそうでない人にはどのような違いがあるのでしょうか?

男性には加齢に従って薄毛が発生する人が多いのですが、だからといって全ての男性が薄毛になるというわけではありません。若いうちから薄毛となってしまう男性もいるのですが、一方で60代や70代になっても髪がフサフサな男性などもいるのです。今回は薄毛になりやすい人とそうでない人の違いについて考えてみましょう。薄毛については様々な原因が考えられるのですが、今回は男性の薄毛に多い男性型脱毛症(AGA)を中心に解説します。

 

遺伝による影響が大きいようです

男性の薄毛の大半は男性型脱毛症だとされています。男性ホルモンの一種であるテストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結びついてジヒドロテストステロンという成分に変質すると、髪の成長を司る毛母細胞に対して悪影響を与えるため薄毛や抜け毛の症状が発生することになります。ただしテストステロンも5α-リダクターゼも全ての男性が持っている成分なのですが、男性型脱毛症についてはなぜか発症する人とそうでない人とが存在するのです。

 

ジヒドロテストステロンの発生には遺伝的な性質が関わっています

ジヒドロステストテロンを発生させる5α-リダクターゼについてはその活性度が遺伝的な性質により異なっているということがわかっています。5α-リダクターゼの活性度が高い場合にはテストステロンと結びつきやすいためジヒドロテストステロンも発生しやすくなります。

 

一方で5α-リダクターゼの活性度が低ければジヒドロテストステロンは発生しにくいのです。この5α-リダクターゼの活性度に関する遺伝的な性質は主に母方から遺伝するということがドイツボン大学研究チームによって明らかにされています。父親の性質が息子に遺伝するというわけではなく、母方の祖父の性質が遺伝するという傾向が強いのです。いわゆる隔世遺伝的な傾向もあると考えてください。ただし実際には双子であっても薄毛とフサフサに分かれる場合などもあるようですから、遺伝だけでなくそのほかの原因が影響している可能性も考えられます。

 

生活習慣も影響します

様々な生活習慣も髪に影響を与えることになります。特に食生活、睡眠、ストレスなどの影響が大きいと言えるでしょう。身体が健康でなければ髪は健康に育つことができません。例えば髪の成長のために必要な栄養分であるタンパク質やアミノ酸などが体内で不足してしまうと髪の毛は生えにくくなりますし、また脂分の多い食事を続けていると頭皮の皮脂分泌が活性化するため頭皮環境を悪化させてしまうことになるのです。

 

さらに睡眠とストレスには密接な関係があります。睡眠は健康な髪を育てるためには欠かせないものなのですが、ストレスが溜まると脳が覚醒してしまうため眠れなくなってしまいます。一度眠れなくなるとさらにストレスが溜まってしまうためますます眠れないという悪循環に陥ってしまうのです。このように生活習慣は髪に対して様々な影響を与えます。生活習慣を改善して健康的な生活を心がければ健康な髪を育てることができるはずです。

本当に効果のある育毛剤


M字型薄毛対策専用育毛剤プランテル


M字型薄毛対策専用育毛剤プランテル


M-1発毛育毛ミスト


M-1発毛育毛ミスト


BUBKA(ブブカ)


BUBKA(ブブカ)


このページの先頭へ戻る